プリティ長嶋のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 六本木ハロウィンの夜に想う巨人新監督高橋由伸対金石昭人の対決

<<   作成日時 : 2015/10/24 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

六本木ハロウィンの夜に想う巨人新監督高橋由伸対金石昭人の対決
今夜は多彩なメンバーで六本木の「かねいし」で会食。メンバーは、名古屋からの客人青木社長。アテネオリンピックで知り合い意気投合した仲だ。そしてサッカーでメキシコ五輪メダリストの松本育夫さん。更に真丘 奈央(まさおか なお )さんは、元宝塚歌劇団花組の男役。愛称は「はっぱ」。そこに義理堅く金石さんと奥さんの元バドミントン選手でTVキャスターの陣内貴美子さんが顔を出してくださった。美味しい酒とお好み焼き・諸々の美味し料理に舌鼓。話は当然オリンピックとスポーツが中心だ。ミスターのことやらサッカー界のことやら話は弾んだ。 私は見た。巨人に鳴り物入りで入団した新人高橋と日ハムから戦力外通告されて必死のテスト生金石の戦いを。叔父金やんが親友のミスターに頼んで参加したキャンプだった。一人だけユニフォームの色が違う。真っ白い高校生のような色のフニフォーム。最後のテストに及んだ。1998年2月、春季キャンプ。誰しも思っただろう。「おい新人。空振りしろ。ここで打たれたら金石は引退だ。空振りだ」と。金石の野球人生を掛けた渾身のフォークボールが投げられた。ミットに収まる筈のボールは無情にもセンターへライナーで飛んで行った。天才高橋のバットコントロールは見事だった。これで「引退」だ。しかし、次の日のユニフォームの色が変わっていた。テストに合格していた。出番は直ぐに遣って来た。ヤクルトとの開幕戦、僅差のシーンで遣って来た。この試合も私は記者席で見ていた。マウンド上の金石よりも緊張しながら見た。記録を見ると4月3日神宮球場、スワローズ戦9回裏2死、粘る辻発彦から新人高橋に打たれたフォークボールを投げ三振を奪い〆ていた。2死満塁2−3.最後フォークボールで代打辻を三振に切ってとった。
楽しく美味しい時間でした。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
六本木ハロウィンの夜に想う巨人新監督高橋由伸対金石昭人の対決 プリティ長嶋のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる