少年野球は永久に不滅です!

2000年のプロ野球日本シリーズ ОN対決で盛に盛り上がったプロ野球界も 

その後 サッカー人気に若いエネルギーを持って行かれ 停滞状態が5年程続いている。

この兆候は1994年頃から見え始めていた。

何とかミスターの国士無双な人気に支えられていた巨人だったが 

巨人の監督を昭和20年代生まれを飛び越えてイッキに昭和33年生まれの若き司令官原監督に移されたが 

イマイチ成績の割には人気が延びず堀内監督に打席が廻った。

団塊世代のヒーローに命運を託したが 今の成績では同年代の支持も無く増員につながらない。

これでは短命内閣に終わるだろう。なにしろ原内閣は2年で1回日本一に成りながら姿を失せたのだから。

本来なら堀内 中畑 原 吉村と打席を並べたかったのに。

このままでは 全体の12分の10を巨人が〆ていたが12分1の並のチームに成り下がるだろう。

そこで もう一度 最後に ミスターの力をお借りしたい。

一年限定で三度目の監督だ。3に始まり3で締める。三度目の3番。

しかも一年限定。

廻りのサポートに 中畑 篠塚 堀内 一茂でスタッフを固める。

盛り上がる。  

現在 少年野球 高校野球チームは少子化の割にはむしろ増えている。

団塊の世代と比べて3分の1ほどの人口なのに。

我がチームの所属するボーイズリーグの関東エリアは特に急増している。

今日は埼玉の吉川に遠征しニ連勝して帰ってきた。

この勢いのままで来週から始まる関東大会千葉支部大会優勝に望みたい。

その先には東京ドームの戦いが待っているのだ。

子供達は皆 プロ野球に夢と憧れを懐いて練習に励んでいる。

この記事へのコメント

プリティ長嶋
2019年07月04日 11:06
この日記から早15年ですか!光陰アーチェリーの如く ミスター 何時までもお元気で!!!