日本シリーズ 河原投手のこと

今日も一日中自宅と事務所で明日の議会運営委員会と今議会の書類整理に追われて時間が過ぎたげんぱく。
今年最後の議会だ。
気を引き締めよう。
それにしても今回のジャパンシリーズは守り合戦。
少しホークスの打線が爆発しそうな雰囲気を出し始めた。
... ドラゴンズに守備の綻びが出始めた。
一気に流れが打撃戦に行くと結果は明確になる。
僅差の勝負も良いが
打撃戦も面白い。
と昼間書いたら
五戦目に河原投手の出番が来た。
ピンチでの登板で二点を取られ
尚も続くピンチで三振に取った所で降板。
彼が巨人の中心投手時代をまじかで見ただけに残念だ。
人生にもしもが有ったらならば、、、、、、、、、、、、、、、
あの時宮崎キャンプで、最高潮で迎えたマウンド
もしも
宮崎キャンプであのライナーが直撃していなかったら。
もしも数センチ脇に飛んでいたなら
もしも怪我が無かったら
もしも
あれがなければ彼の人生は違っていた。
人生いろいろ。
中日で見事に復活した。
最後の三振は感動だ。
もしもスキャンダルが無かったら。
来期もマウンドで活躍して貰いたい一人だ。

この記事へのコメント