議員定数改善案

色々と問題点のある千葉県議会議員定数問題
千葉県の市町村人口数が変動していて矛盾が出てきた。
銚子市と印西市を比べると顕著に表れる。
銚子市は大きく減少して約65000人で県会議員数が二名
印西市は人口増で今や91000人を超えたのに議員数は一名
大変な矛盾が生じている。
一票の格差は益々大きくなっている。
選挙区の飛び地もある。
是正が必要ですね。
ただ一か所に手を入れると
新たな矛盾が生じてくる。
そしてそこを修正すると次なる矛盾が生まれてきて
結局、千葉県全体を手直ししなくてはならなくなる。
すると全体的な議員活動力が低下する恐れが生じてしまう。
自己矛盾 議員自らが議員を否定することになる。
結論的にはこのジレンマを解消する妙案は無い。
悩ましいことです。
国 都道府県 市町村の三階建て構造をせめて二階建てにしなければならないとは思う。
行政改革 公務員数削減 議員定数削減 考えれば考えるほど悩ましいです。
県職員を経験し現職の議員としてそう思います。
それには行政や議員、自治体頼み体質から住民自治体質へと考えを変えなければならない。
せめて家の前の側溝掃除は自分でやるなど住民の自立が必要です。
そうすれば役所所の仕事も減り納税額も当然減らせます。
議員数も大幅に減少できるでしょうね。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント