AEDを安心して使うためにこれでは躊躇してしまう

AEDを用いての救命が危機?
皆さんは、倒れた人を見て「助けなくては!」と思うか?
或は、余計なことをすべきでは無いと傍観者になるか?
もしも貴方が勇気を持って助けてあげようとした行為に対し、
事後に訴訟を起こされるとしたら、それでも「訴訟覚悟」で救命行為を行いますか?
躊躇しませんか?
今千葉県議会にAEDをもっと普及しようとの発議が出る予定だ。
一見、私が今まで活動してきたことと同じようですが
内容的に疑問があり反対をします。
その疑問とは「善きサマリア人の法」に反する事です。
この法を 簡略的に言うと「善意で行った行為に対し、
その結果は責任を問われない」と言う事だ。
2004年8月末に起こった少年野球の試合での死亡事故を受けて
私はAEDの重要性を学び今に至る。
もうあの悲劇から12年以上が経った。
救命行為は「善きサマリヤ人の法や民法第698条の緊急事務管理
に関する規定で損害を賠償する責任を負わない。勇気を持って
AEDを使ってください」と教えられた。
その後、私も講演を頼まれると同じ説明をしてきた。
ところが今回の発議案では「救命行為に対し訴訟を前提にした
」とも捉えられる内容の文言が有る。
これでは安心して救命行為を行えない。
ただでさえリスクを伴う救命行為に対し
今迄の概念に反して「訴訟を前提にした不安」を抱えた中での
AEDとCPRを積極的に行えるだろうか?
AEDの普及にブレーキになると思うので反対をします。
皆さんはどう考えますか?
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント