ちばアクアラインマラソン2016

ちばアクアラインマラソンは明日です!!!
二年前に痛めた左膝をかばいながらの練習ももう終わり。
明日が本番です。
イチローや松井選手は「準備は出来ています」と何時も言っているが超一流の証しですね。
私の今回は準備不足が否めない。
八年前のAED講座を想いだした。
途中棄権も命を守る手段で完走するよりも重要ですね。
日本人マラソンランナーの中山氏の言葉を嚙み締めた。

2008.02.16日本集中治療医学会学術集会、市民公開講座レポート
中山竹通氏の安全な市民マラソンへの準備
これは面白かった。
掻い摘んで書くと「市民参加型のマラソン大会が多くなったが急死するランナーも多くなった」「競技者さえ何ヶ月ものハードで綿密な計画を経て走るのに一般ランナーは準備不足で走る。30キロ走や40キロ走 を練習で遣って完走可能になる。シューズとウエァーが有れば出きるスポーツではない。トレーニングしないので有ればレースに出てはいけない。死亡の危険がある。ウエァーひとつにも神経を使う。汗や頭から被る水で身体に引っ付くウエァーは走る気力を奪う。シューズも中敷も神経を使う。栄養は特に身体のメンテナンスも勉強する 。そう言う意味で簡単にマラソンをしてはいけません。特に東京マラソンに苦言を言うならば、何故この寒い季節なのか?競技者には今の寒さは走りやすいが一般のランナーには寒すぎ、ホノルルマラソンは好例だ。一般ランナーのスピード 中には歩く人もいる。この寒さの中では風邪を引く。翌日は会社を休まなければ成らない。後ゴール前の橋、坂道、ベルリンを見ても解るように競技者さえ辛い橋、坂道、大会主催者は考えて欲しい。 ゴールを再考して欲しい。東京マラソンのコース好きでない 遣る季節を考えて、日本ではゴールしないと非難される。何が何でも最後まで頑張れ!無理です。怪我 故障の基です。私なんか現役の時、途中棄権したら非難の嵐。濡れたウエァーを着替えたら非難、酷いものでした」
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント