AEDが役立つケース 18歳で急死の衝撃

このニュースを聞いた時にAEDが有ったらと思った。
発見が早く胸骨圧迫とAEDが有ればと思った。
12年前にAEDの普及活動をし始めた時の最終目標は
「一家に一台」で家族の命を守るだった。
何しろ心臓突然死の多くが家庭内だからだ。
18歳
助けてやりたかったと誰しも思っただろう。
本人も親御さんも無念でしょうね。
皆さんにも家族のためにAEDとCPRは勉強して欲しいですね。

今月8日に急死した8人組アイドル「私立恵比寿中学」松野莉奈さん(18)の死因について、所属事務所は「致死性不整脈(ちしせいふせいみゃく)」の疑いがあると明らかにしました。この「致死性不整脈」とは何か、やや理解不足の報道が多い印象でした。そこで、専門用語をなるべく使わずに医師の立場から説明します。
18歳で急死の衝撃
とても健康な18歳の女性が、突然亡くなったという衝撃。持病もなかったそうですから、よっぽどのことがないと、18歳で死亡するということはありえません。極めて稀なケースであると考えられます。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント