大舞台に弱い稀代の大スター ビルの事

大舞台に弱い稀代の大スター ビルの事
大関時代に何度も横綱を逃し続けた稀勢の里。
肝心な時に勝てなかった。
大舞台に弱いとも言われ続けてきたが
遂に手にした横綱。
ビル・ラッセルことウィリアム・フェルトン・ラッセルを御存じだろうか?
アメリカの超大スターです。
バスケットボールNBAの伝説の選手。
彼は、重要な試合の前のロッカーで何時も嘔吐していたという。
ある時、監督が「ビルが吐いていない?今日は勝てない」と
言ったくらいに伝説が残っている。
彼が吐くのは試合前のルーティンになっていた。
チームは未踏の八連覇をし13年間の現役の中11回の優勝を誇る。
プレッシャーの中の中で戦いプレッシャーをエネルギーにしたのだろう。

この記事へのコメント