新戦力入団の陰で

ドラフトで超高校級スラッガー、清宮幸太郎(早稲田実・一塁手)選手が大きな話題を呼んだが
その反面、押し出されて辞めて行く選手も当然居る。
中には清宮と年齢的には変わらないヤンゲストも居る。
柿木映二(ソフトバンク/20歳)
ジュリアス(ヤクルト/20歳)
巽 大介(巨人/20歳) ※育成再契約?
また、記録と記憶を残した選手たちも居る。
松坂大輔(ソフトバンク/37歳) ※現役続行を希望→自由契約
松井稼頭央(楽天/42歳) ※現役続行を希望→自由契約
それぞれの夢は続く。
■「戦力外通告」、今年は113名…トライアウトは15日にマツダで
(ベースボールキング - 11月10日 05:41)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック