コロナ対策の今後の戦略とゴール

新型コロナウイルスに対する戦略が見え始めた!3密と自粛で時間稼ぎが出来ている中に社会生活の全ての見直しと区分けをすることを提案したい。「コロナに勝つ」目標は国中で共有しながらも、国中全てが同一の行動ではなく諸々の区分けが必要と思います。今のままでは、自粛に伴う弊害である倒産 絶望 社会不安 自死 犯罪増加 学力低下 社会全体のストレス増 憎悪等が顕著化して行く。コロナ終息後の社会的後遺症がより心配されます。ゴールと戦略が見えないとの悲観を解決する答えの提示が必要です。都内では昨日まで126名もの方が亡くなった。その中に日本国中に衝撃を与えた有名人の名前も有る。これらの皆さんの分析が少し出された。今後の研究は、性別 年齢別 持病別 既往歴 喫煙歴等の情報を分析し無症状 軽症 重症 重症化し死亡の理由に答えを出す。リスクの高いタイプと低いタイプの区分けです。この答えは、ワクチン開発や新薬研究よりも一早く出されると考えます。その答えを元に社会生活を再開しても安心な人と重症化しやすい傾向の人との区分けをする。重症化しやすいタイプの方たちは3密と手洗いの励行で感染に十分に注意しながらこの間にワクチンと新薬を待つ。抗体を確保した方たちも増加するので重症化して入院しても今以上の治療を受けられ死亡率は下げられる。無症状や極軽症で収まるタイプの人たちには社会復帰して頂く。課題はこの区分けをする医学的な根拠です。私は可能だと思いますが如何でしょうか!
3密啓発ポスター.jpgDSCF7450.JPGDSCN0866.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント