緊急事態宣言要請へ2021

東京都も千葉県も確かに感染者数は増えている。
しかし明らかに増加傾向が顕著になった時は7月の第二週目あたりからですよね。
何故ここにきて「緊急事態宣言要請」なのか?が説明不足と感じます。
7月の再出火の時ならまだしもここまで延焼したら消火は出来ないでしょう。
個々がマスク着用で3密を守り手指洗浄の徹底をして後は感染しても軽症で
済むように体の免疫能力を上げとくしかないのではと思う。
私の周りは皆さん言われた事を守り感染防御をしています。
キチンと感染症対策をしていてもそれでもチラホラと感染してきています。
現実的に都内では5万人以上が「退院等(療養期間経過を含む)」となっている。
私の友人も軽症で済み今は会社で普通に働いている。
「緊急事態態勢」で確実に感染拡大を鎮静化できるのか?疑問です。
「人的被害を最小限に抑える方法」で来ていた流れをもう
一度再構築すべきではと思います。
それにはリーダーの「言霊」だと思う。
国が否地方がと互いに責任を求めるのではなく住民が納得し行動する
リーダーの言葉が必要だった。
どの首長も現状説明とお願いをだらだらと記者会見で
言うだけでは住民は動かないのではないかな?
緊急事態宣言要請の前にリーダーの「言霊」が必要で住民が納得して
感染対策の行動をとれば沈静化できるのではと思うが甘いでしょうね?
■都知事、緊急事態宣言要請へ=コロナ感染拡大で医療逼迫、西村担当相と面会
(時事通信社 - 01月02日 12:00)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント