AEDとパルスオキシメータは日本光電

パルスオキシメータがコロナ禍で注目されていますね。特にお笑いの人がコロナ感染の死の淵から救われたのがパルスオキシメーターのお陰だと発言してからですかね。医療現場ではもっと前から重要な機器と言われていました。私も「めまい症」が出て以来毎日「血圧と血液中の酸素飽和度を測定」を続けています。私は2004年の9月から「AEDで命を守る」と普及活動をしており日本光電とフィリップ社には縁が有ります。実は日本光電とパルスオキシメーターは大変密な関係にあります。日本光電のHPに以下の内容が出ています。「世界中の医療現場で、患者さんの容態把握のために欠かせないパルスオキシメータ。最近では、新型コロナウイルス感染症の重症化の目安となる血液中の酸素飽和度を測定できることから、注目を浴びています。今から50年近く前に、このパルスオキシメータの原理を発明したのは、当社の技術者、青柳 卓雄氏です。青柳氏の半生とパルスオキシメータの歴史をご紹介します。」AEDとパルスオキシメーターは共に「命を守る」機器です。ナイスですね!日本光電!
IMG_5539.JPG85.JPG12874321_1236468543034769_557510510_o.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント