有害鳥獣とジビエ料理 館山ジビエセンター2022

県議会でも毎度の様に議題に出る有害鳥獣問題です。
イノシシだけでなく「サル、キョン、ハクビシン、カラス」等
野生動物の王国と言っていいほど多くの種が居ます。
有害鳥獣と言っても飽く迄も「人間」に取ってで
動物は動物で「種の保存」に懸命なだけですね。
イノシシとシカは「#ジビエ」で料理に活用出来きますが
他の有害鳥獣は調理に不向きな種が多いですね。
DSC_3513.JPG
兎に角「猪&鹿料理」で成功例を出して
野生鳥獣による農作物被害を減らしたいと思いますね。
何しろ我が千葉県は国内でトップクラスの農業県ですからね。
■イノシシのベーコンとふわふわ卵 駆除した鳥獣、買い取って調理
千葉県館山市が昨年末、オープンした「館山ジビエセンター」。
開所式典では、参加者がジビエを使った料理の試食の箸をすすめるたび、
「うんうん」とうなずく笑顔が広がった。
(朝日新聞デジタル - 01月09日 11:50)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント