亡き父親との再会

亡き父親との再会
山武市の今関ひさし議員から
致命的な癌からの生還経験談を聞いた。
闘病記も写真も見せて貰った。
生きているのは奇跡だ。
会場の直ぐ先に伊藤左千夫の生家と山武市歴史民俗資料館がある。
画像

その資料館に父の遺品が展示されていた。
残念ながら展示期間は一月ほど前に終わっていた。
私は、子供の頃に戦争の体験談を聞いて育ち
初めて覚えた歌が「同期の桜」だった。
資料館の小冊子に父親の遺品が掲載されていた。
画像

画像

もう一月早く来たかった。
運良く生きて帰った父親だったが夜な夜な泣いていた。
特攻隊の生き残りとして恥じていた。
やがて時が過ぎ私が結婚する頃には心の傷は癒えていた。
特攻帰りの運も肺癌には勝てなかった。
肺癌のリスクは禁煙しても高かった。
父の大和久金治は大和久の三文字を
子供三名の名前に一文字ずつ残した。
片岡の姓よりも大和久にしたかったんだろう。
肺癌にならなければまだ元気だったはずだ。

"亡き父親との再会" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント