テーマ:誘拐

犯罪現場のパン屑

パン屑を道しるべに帰り道を辿ったヘンゼルとグレーテルは童話の中の兄妹。 アメリカの犯罪では被害者の「パン屑」を探すらしく「クルミナル・マインド」に出でてくる。 時には運転免許書だったり「ウィルのパン屑」として出でてくる。 助かった少女も「親が私を懸命に探していたのは知っていた」と言う。 何かしらの「パン屑」を残していたのではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉大学

県議会に向かう時に総武線の車窓から千葉大学が見える。 未成年者誘拐の疑いで身柄を確保された23歳の男は、千葉大学を今月卒業した学生だった. 、2年近くの間、大学近くで女子生徒と一緒に住んでいた。 千葉大学は優秀な子が多いと思っていたが「何故???」です。 ■指名手配の男、静岡で身柄確保 15歳女子誘拐容疑 (朝日新聞デジタル …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックホルム症候群から逃れる

誘拐犯から逃げた。助かった。 ご両親は心の底から喜んでいるでしょうね。 良かったですね。 お子さんも「ストックホルム症候群」にならずに根気良く逃げるチャンスを窺っていた。 親子の強い愛情が有ったからですねキット。 先ずは心のケアでしょうか。 二年間も良く踏ん張れた。 頑張ったね。 多くの証言が残っているから誘拐犯の逮捕も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラム国との対峙 人質と身代金

イスラム国との対峙 人質と身代金 対岸の火事どころではなかった。政府の選択肢は三つしかないのか?要求通りに支払うか支払わないか交渉を続けるか。支払えばその先は連続する悪夢が待っている。要求金が大量の武器に姿を変えてテロや誘拐は続く。支払わなければ二人の命が失われる。残りの道は徒労になろうとも交渉を続けるしかない。大変な事態であり解決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more